あなたがいままで読んできた中で最高の作品はなんですか?

と、きかれたら、エルフェンリートと私は答える


あなたがいままで読んできた中で最低の作品はなんですか?

と、きかれたら、エルフェンリートと私は答える



大好きな子に親と妹を殺されても、それでもその娘を愛してしまう、複雑な心中にあるコウタと同様、読者もまた、この作品に対して複雑な気持ちを抱いてしまう。

作者は、鬼だ、鬼だ、と読んでいる時、なんども思いました。


でも、それは、[どこまでも純粋に喜べる人は、どこまでも純粋に悲しめてしまう]ということを描くことが作者である岡本倫の第一目標でなかったにせよ、副次的にそれを証明することになりました。

ルーシィの笑顔に不純物の含まれない笑顔があるからこそ、その笑顔を観ている人は、不安に思う。そういう人は、悲しいとき、本当に、悲しいのだ。擦れからっしのやさぐれた、あの、ちまたに満ち溢れた悲しいという感覚の麻痺した、下種とは違うのだ。彼らの喜びは、常に哄笑と共にある。



岡本倫が、作中、鬼になったのは、よくわかりません。でも、鬼にならなければ、ルーシィに極限の、最高潮の喜びは訪れることはなかっただろうし、その最高潮の喜びがあったからこそ、鬼となった岡本倫がルーシィを地獄に叩き落とした時、もっとも深く純粋な悲しみが彼女を訪れたのだろう。



そして、その悲しみがあったからこそ


コウタに抱き締められたり、真実を知ったうえなのに、それでも、にゅうを、そしてにゅうだけでなく、ルーシィさえも家族として、受け入れると言われたとき、深い深い喜びがルーシィを訪れたのである。




そして、純粋なものって、美しいじゃないか。


彼は、鬼となり、純粋をえがいた。




パラレルパラダイスは、エルフェンリートや極黒を読んだ後だと、感触が変わるだろう。

岡本倫は正しい選択をしたのだと思う。

はじめは彼らしくないな、と思いもしたが、エルフェンリートは人間が一生に一回か、一回作れるかどうかの作品で、もう二度とあのような作品を彼が書くことはないだろう。


私も読みたくはない。
というのも、悲しみたくないからだ。

脚本は、時に、作者を鬼となるように仕向けるが、作者が、脚本を作るのはなんでかというと、その方が面白いからだ。そして面白さを求めているのは、読者でもあるのだ。つまり、悲しみを娯楽として売却する行為に近い。そういうと、聞こえが悪いので、読者とは他人の悲しみに群がるウジ虫のような連中であると言えるだろう。


だから、パラレルパラダイスという選択は正しい選択だと思う。


これで、読者はウジ虫にならなくてすんだ、というわけさ。




うえとは、はなしがズレるけど、作者の岡本倫さんは、自分の描く絵をあまり評価していないようです。

でも、僕はウィリアム・アドルフ・ブグローの絵や、ジョン・ウィリアム・ウォータハウス、ピカソポール・デルヴォー、モネ、ワイエスルネ・マグリット、ダリ、ガストン・ラトゥーシュ、ダ・ヴィンチ、アンリ・ド・トゥールーズロートレックの絵を見て泣いたことはありませんよ。


人を泣かせることのできる絵を描けるというのは、すごいことだとおもいますけどね。

だから、作者が自分の絵を貶すのをきくと、悲しくなる。


エルフェンリートの作中、コウタが声楽の有名スクールに通っていなかったことを不安に感じているノゾミちゃんに、「ノゾミちゃんの歌を聴いていると、ノゾミちゃんの嬉しそうなきもちがとてもよく伝わってくるんだ。人から教わって身に付くような歌を聞いてもつまらないけどなあ、でも、そのきもちはレッスンでは教えてくれないことだからさ」と大体こんな感じのことを言っていたと記憶していますが、なぜ、それを自分にもかけてあげないのかな。


自分を褒めても、空しいだけなのかな。

他人の声が必要なのかな。

僕は岡本倫の絵が好きです

広告を非表示にする