僕は透視眼鏡がほしい

        読みおえたところから 星屑となって消え去っていく紙をさがしています。いまからわたしはラブレターをかきにゆくのです。

 

その娘があるくだけで 馬のおひれのように つやのある 黒色の髪の毛が ゆらゆら ゆらめきます。でも 顔はなかなかみれません それはいつも後ろ姿なのです  彼女が笑うと 八重歯はないのに 八重歯のある娘のような笑みにみえます  おっとりとした物腰から おっとりとした声音を予想しますが、意外にもはっきりとした発声をする。かといって刺があるわけでもない この声を聞きつづければ 顔の右半分を水につけ じょじょに からだが水にのみこまれているというときでも おだやかなきもちで まるでわたしたちが水中でも呼吸のできる生物であったかのような 気持ちとなり 入水することができそうです

      

      彼女の笑顔! 

             彼女の笑顔 

                    まなざし 常に微笑みをたたえた かすかな口角の向上  彼女の笑顔は、5月の太陽を燦々とあびたオレンジを口いっぱいにいれたときの、甘味と酸味に味覚をやられて しょうしょう快楽で馬鹿になった舌が伝播させた、顔のようだ 

 

        彼女はしかも特別級の 少女なのである。  彼女のよわいは 30なかば やや容色に陰りがみえだす ころあいではあるが  それがさらに 彼女を可愛くしている  あの いたずらめいた 笑みを こぼしながら  からだは 円熟したおんなのそれ 

 

         でも わたしはだまされないぞ

    女の人の笑顔とは 社会上生きやすくさせる 不用意に敵をつくらない

    それ以上のものではないのです。けっして、親愛の微笑みではありません。

    もちろん、笑顔を多用する女性ばかりではありません。笑顔というのは

    防護壁のようなもので、それを装着していない女性は 別の攻撃手段をもっている

だけのことです。

 

 

     ああ もう だから どうだってよいのです! 可愛くて、本当に優しそうな 愛くるしいすがたが   そこにあれば それが一切 虚偽だとしても 

 

騙したとか  騙された とかはないはずなのです。 騙すとは 女性が貴方のことを愛していると思わせるような行動を働いたと貴方が認識したことと、女性の微笑みが好きでもない相手にも働きかけることが、可能であることのズレが生んだ、男性の勝手な被害妄想にすぎない  

 

 

    ただ   そう  信用してはならない  声を  かけるべきではない

 

    わたしたちはただ美しい女性が 視界にはいったとき 美しい と思えばよいだけである