わたしたちの死が、眼を閉じることで

          訪れるのなら、わたしは今夜眠りにつ

          くのがたのしみでならない。まぶたを閉

          じれば、やっとわたしたちは、本当の

          夜を手に入れられるのだから。

          

広告を非表示にする