冷静に考えてしんだほうが あらゆる場面において、らくなんじゃないか。

 

問題は、死ぬという行為に対する、抵抗感、それは、死そのものではなく、首を吊るとか、薬物をがぶ飲みするなどの、狂気的行動に対するものだ。

 

なぜ、狂気に対して抵抗をいだくのか。それは自殺を考えている人間がまともだからだ。わたしは最初に言った。”冷静に考えて”しんだほうがあらゆる場面においてらくなんじゃないか。、と。まともな極めて平常な思考をした精神は、狂気を恐れる。

 

それが、わたしたちの悲劇なのだ。                          自殺したい人間はまともな感性をしているのに、まさにその感性がわたしたちを死から遠ざける。

 

わたしたちは生きたい。自殺しようと思うのは、わたしたちが みじめな生や、希望をもつことのできないこのふざけた人生に、そのすべてをうばわれてしまうまえに、わたしたちはそれらが決して触れることのできない概念へ昇華することを望むからだ。

 

わたしたちは、死ぬことなく、死にたい。

広告を非表示にする